おひさま、のようこ、の結婚式でした。

 実は、我が家のようこは、この春から、羽村の郵便局で働くことになりました。羽村の皆さんよろしくお願いします。
 我が家のようこも、いつか、あんな白無垢を着るのかしら、と思いながら。
 私どものホテルでも時々、結婚式がありますが、いつでも、本当に共に、幸せな、一時です。
 最近は独身の男女が多いですが、やはり、結婚して、親になって、はじめて、人として、一人前といえるのでしょうね。でも、最近はまた、子供ができにくい、女性も多い。それは、やはり夏のクーラーによる冷えすぎ。そして、仕事をする女性のストレス、と私は思います。清里はほとんど、クーラーもいらず、だから、私は気が付いたら五人の子持ちでした。しつけも教育もろくにできませんでしたが、人様に迷惑をかけず、何とか自分で食べて、願わくば、人の役にたてる人間になって欲しいですが、まあ、みんな、健康なので、感謝しています。今年はエアコンの温度を、28度に設定すると、子だからに恵まれるかもしれません。どんな時代でも、強く明るく、前向きに生きて行きたいです。
 若いお嬢様方、どなたも、みんな、私たちにとって、
 太陽のヨウコです。
 朝の連ドラが楽しみというのは、年をとったということでしょうか。
 今、庭のどうだんつつじに、すずなりに、花がついています。
 清里のどうだんは、更紗どうだんといって、少しオレンジ色をした、清楚な花です。この花の思い出は、
ようこの学校はミッション系で毎年、花の日というのがあって、老人ホームに、みんなで花を持って、行くのです。ある時買っている時間がなかったので、私が庭のどうだんを切ってきて、それを、紙にくるんであげたのに、絶対いやだと言うのです。でも、おばあちゃんたちは、、喜んでくれるからと、説得してもたせたのですが、・・・・
 帰ってきて、お母さん、どうだんの花が、電車の中でポロポロ落ちて、本当に恥ずかしかった、と怒られました。
 でも、もらった人は喜んでくれたでしょう、と、私は言ったのですが、結果は覚えていません。二度と、どうだんは持って行きませんでした。
 少し長話になりました。暇にしていると思われてしまいますが・・・
 娘も孫も三男も東京へ行ってしまい、今は、長男と次男だけ。ではまた。
 

kiyosato-highlandhotel's Blog

山梨県清里高原「清里高原ハイランドホテル」のスタッフブログです。